©シアターコモンズ’22.  撮影:佐藤駿

The Apocalypse of Women

The Apocalypse of Women (2021-2022)

There are many stories in this world in which the "end of the world" is depicted. However, most of them have been written by men. Therefore, I wanted to create "The End of the World" from the voices of women. This is a women's apocalypse. I want to put the end of the world back in the hands of women.

Prophecies, myths, science fiction, and other tales of the "end of the world" that exist in all ages and cultures have been created and retold based on the anxieties, fears, and threats of their times. However, most of them are "men's end-of-the-world stories" created by men. So where have the fears and anxieties of women gone? Perhaps women's anxieties, fears, and sorrows have been forgotten, not left behind. That made me very sad.

 

In 2020, the world was enveloped in anxiety and fear due to the spread of the new coronavirus. Now is the time to imagine "the story of the end of the world" in the hands of women. I wanted to put the end of the world back in the hands of women.

 

While chatting, drinking tea, and listening carefully to the voices of women from various occupations and positions, I imagined the end of the world and spun out multiple end-of-the-world stories. I decided to name the story of the end of the world that emerged from this process "The Apocalypse of Women"

 

I decided to put "The Apocalypse of Women" in cookies and send them to the viewers by mail. I wanted to bring this story to people who, for various reasons, could not leave their homes. When the cookie is eaten, a small piece of paper with a phone number inside comes out. Call the number on the paper and you will hear "The Apocalypse of Women"

 

Wait for the mail to arrive. To make tea and eat cookies. To call the number on the piece of paper. I wanted people to take the time to slow down and listen to the women's voices like that.

This art work was performed at Theatre Commons 22.

女たちの黙示録(2021-2022)

この世界には、『世界の終わり』が描かれた物語がたくさん存在します。しかし、そのほとんどは男性によって書かれてきました。だから私は、女性たちの声から『世界の終わり』を紡ぎたいと思いました。これは女たちの黙示録です。終わりを取り戻すことから、はじめたいと思うのです。

予言、神話、SF。古今東西に存在する『世界の終わり』の物語は、その時代の不安や恐怖や脅威をもとに生み出され、語り継がれてきた。でもよく見てみると、それらのほとんどが、男たちによって生み出された『男たちの世界の終わり』の物語であることに気がつく。じゃあ、女たちの不安や恐怖はどこにいってしまったんだろう。それらは残されることなく、忘れ去られてしまったのかもしれない。なんだかそれが、とても悲しかった。

 

2020年、新型コロナウィルスの感染拡大によって世界中が不安と恐怖で包まれた。こんな時にこそ、女たちの手で『世界の終わり』を想像したいと思った。世界の終わりを、女たちの手に取り戻したいと願ったのだ。

 

さまざまな立場の女たちとおしゃべりをしたり、お茶を飲んだり、話し声に耳を澄ませたりしながら、世界の終わりを想像し、複数の世界の終わりを紡ぎ出した。そしてそれを『女たちの黙示録』と名付けることにした。

 

そうして出来上がった『女たちの黙示録』は、クッキーの中に入れて、郵送で他者の元へと届けることにした。さまざまな理由で家から出ることができない人たちに、この物語を届けたかったからだ。クッキーを食べると、中から電話番号が書かれた小さな紙がでてくる。紙に書かれた電話番号に電話をかけると、『女たちの黙示録』が聞こえてくる。

 

郵送されるのを待つこと。お茶を入れてクッキーを食べること。紙切れの番号に電話をかけること。そんな風に時間をかけて、ゆっくりと、女たちの声に耳をすましてもらいたいと思ったのだ。

シアターコモンズ22にて発表