使用DSC08057-明るく調節-WEB用.jpg

あいちでわんわん叫んで

香港で白い煙にワーワー泣かされて

気がついたら黒から白にマスクが変わってて

一年家に閉じこもることになって

ぽっかりと一人になってしまって

私は、呪いを祈りに書き換える作業をはじめた

世界が、クチがケガレになったというので

私は、唾液で花を育てることにしたのだ

2021年7月31日より、キュンチョメ個展『クチがケガレになった日、私は唾液で花を育てようと思った』を開催いたします。

 

今年3月に開催いたしました東日本大震災をめぐる個展『ここにいるあなたへ』が記憶に新しいキュンチョメですが、今回はあいちトリエンナーレ2019以降初となる新作発表の個展となります。

 

2019年、あいちトリエンナーレが閉幕した後、キュンチョメはすぐに香港に渡り民主化運動に参加しました。黒煙の上がる路上で目にしたのは、旧日本軍と中国共産党をオーバーラップさせたビラと、香港警察を”皇軍”と呼ぶ若者達でした。そして年が明けてすぐにコロナ禍が起こります。

 

キュンチョメにとって、あいトリの騒動も、香港の民主化運動も、今も続くコロナ禍やオリンピックも、すべてが繋がっていて、それらは呪いのように自身の中に渦巻いているといいます。本展示では、感染症、民主主義、抵抗と抑圧、男と女、人と動物と植物、過去と未来、様々なものが交差し、呪いを祈りへと変換する行為へと繋がっていきます。その行為をキュンチョメは、「自分でつくる、自分のためのワクチン」と呼びます。

 

今を生きる私たちが背負うもの、背負わされたものを再考し、解放を試みるキュンチョメの行為が鑑賞者にとってのワクチンにもなりえることを願っています。ご来場をお待ちしております。

スクリーンショット 2018-05-16 22.33.07.png

トラを食べたハト  video   (2018-2020  Hongkong,Japan)

スキャン 1.jpeg

クチがケガレになった日、私は唾液で花を育てようと思った drawing (2021)

 

キュンチョメ個展

クチがケガレになった日、

私は唾液で花を育てようと思った

2021.7/31-9/12

月、木、金 15:00-21:00

土、日、祝日(8月9.13.16日) 13:00-21:00

休み:火曜、水曜

​※お盆の間も開場しています

入場料:500円(18歳以下無料)

会場:NICA   

〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町13-1 地下1階

​グーグルマップを開く

最寄駅

東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅 徒歩3分

都営地下鉄新宿線 馬喰横山駅 徒歩4分

JR総武本線 馬喰町駅 徒歩6分

 

●全ての作品を鑑賞する時間の目安は約45−50分です。

●会場の目の前に路上パーキングがございます(一時間300円)

●会場入り口は階段をおりた地下にございます。階段が利用できない方のためにエレベーターを動かすとも可能ですので、必要な方は事前にご連絡ください

​連絡先 kyunchome@gmail.com

9/12(日)まで延長決定!

<<会場案内>>  

S__44474378.jpg

⬆️こちらの建物の「地下」で展示しています。(1階は別のギャラリーです)

​大きな「O」のネオンサインがある方へお進みください。

S__44474375.jpg

⬆️ 入り口

中に入り、階段で地下へお進みください。

エレベーターは使用できません。

エレベーターの使用が必要な場合は事前にkyunchome@gmail.comにご連絡ください。

主催  一般社団法人クリエイティブクラスター

logo_cc_big_gif.gif