Softest Places

Softest Places

自分自信が大きなぬいぐるみとなって、かつて自分が大切にしていたぬいぐるみと一緒に街を歩く。

 

わたしたちはいつ、愛していたぬいぐるみの存在を忘れて、それをしまいこんでしまうのだろうか。

かつて愛していたぬいぐるみと、もう一度過ごす時間を生み出してみる。

​いちばんやわらかい場所(2020)

お台場で2日間開催され、合計50名が参加したパフォーマンス。

参加者たちは事前に「自分が子供の頃に一番大切にしていたぬいぐるみ」を持ってくるように指示を受ける。当日、参加者は集合場所から指定された場所まで、二人一組になり、3つのテーマを話しながら歩く。

そのぬいぐるみはいつから一緒にいますか?名前はなんでしたか?

ぬいぐるみはすぐに見つかりましたか?またはなぜ、見つかりませんでしたか?

あなたを束縛しているものはなんですか?

 

指定の場所につくと、参加者は着ぐるみに着替えることになる。

そして自身が大きなぬいぐるみとなって、来た道と同じ道をもう一度歩く。

もちろん、ぬいぐるみと一緒に。

 

着ぐるみを着ると、見ること、聞くこと、しゃべることが制限される。

そんな状況のなかで、参加者はぬいぐるみと一緒に歩き、そして自由な時間を過ごすことになる。